ココ入院~初日から2日目(火~水)~

続きです。

ココを先生の奥さまに預けたあと、駅の方が救急車の手配をしてくださり

そのまま一人医務室でさらに加速する呼吸と痺れの中自分の体の中で何が起きているのかもわからず

そのうち顔の痙攣も始まりただただ不安になるばかり。

救急隊が到着した第一声が『過呼吸おこしてる!!』

その一言で「あ、これ過呼吸なんだ。じゃあ大丈夫だ」と

症状はまったくよくなってないのにどっか安心した私。
(こういう風に思う人って本来過呼吸になるタイプではないみたい)

搬送先も二つくらい断られ、その間またひどくなったり落ち着いてきたりを繰り返しながら

病院について1時間もすると指も動くようになり

身体も動くようになったのでその後しばらくしてから病院を後に。

そしてココの病院に電話してお礼とお詫びを言った後ココの状況を聞くと

案の定血糖値が下がってると。

ご飯も自ら食べないのでスポイトで口に入れてあげながら食べさせましたと。

体重も1.75まで落ちてるのでとりあえず今日はお預かりして様子みますので、とのこと。

私もまだ体調に自信があるわけではなかったのでこの日は預けることに。

翌日朝迎えに行こうと思い病院に電話すると

また血糖値が39まで落ちてるので夕方まで様子を見てからとのこと。

夕方電話したら

『血糖値は低いけど正常値には入ったので、ご飯をスポイトで食べさせることになりますがそれができるなら』と。

前日、私が苦しんでるときココも具合が悪いのに籠の上から顔を出し

私のことを見てて、そのまま離れてしまったので

私のことは大丈夫と安心させたい思いもありお迎えに。

病院にもお礼をし、ココとおうちに帰ってきました。

でも。。。。

ココまた呼吸とともに身体が震え、表情がおかしい。

先生に電話して話してる間にも表情が変わってきたので即病院に戻ることになりました。

14055230390.png 

家に帰ってきたばかりのとき。

元気があるとは言えないけど血糖値下がった後と思えば

こんなもんかな、と思えてたんだけどな。

こんな感じの水曜日。



コメントくださった皆様、ご心配おかけしながら

コメントも返せずすいません。

私は大丈夫です。


ココはまだ入院しててまるで別の仔のよう。。

大丈夫!!ゆっくりのんびり!!と思いながらも

今までとは違うココ、

それでも確かに私の世界で一番大事な愛しい愛しいココを思うと

胸が押しつぶされそうになって目が覚める日々です。


私の判断が間違ったのかな。

ココ、ごめんね。


病院の方には感謝しかありません。





にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

美沙さん、体長はいかがですか?
ココちゃんもまだ病院にいるのでしょうか?
近くにいたら・・ココちゃんや美沙さんのそばにいる事が出来るのに
そう思うと歯痒いです。

応援する事とココちゃんがよくなる事を祈るしか出来ませんが
元気玉送りますね。ファイト~!!

No title

美沙さんが元気になって良かった。。。
先ずは飼い主が元気でいないとね(*^^)v
美沙さん!!自分を責めないで、、、
美沙さんの判断は愛しいココたんを想って決めた事。
間違ってないよ!!
長年ココたんと一緒に成長してきた体の1部を取ったんだもん。。。
身体がビックリしてるんだよ~
今は病院の先生にお任せして、、、絶対元気になる!と信じて待ちましょう。
ココたんがんばれ~

No title

こんにちは

大丈夫ですか?
ココちゃんの事も気になってます。
とにかく早く良くなってくれる事だけ
祈ります。
ココちゃん頑張ってね!
美沙さんも身体に気を付けて・・・
くろねこ時計
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
プロフィール

美沙

Author:美沙
ココに逢いに来てくれてありがとう☆ノノノ

いくつになったの??
script*KT*
最新記事
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR